ドラムを叩くミニマリストのドラムレッスン

ミニマリストなドラム講師によるドラム論と音楽論。ときどきミニマリズムの話。

ドラム

ドラムがうまく聴こえるコツ…それは「パルス」①~自分の体内のメトロノーム~

投稿日:2016年12月6日 更新日:

とういわけで、また新しいテーマです。

前回の記事で、ドラムを叩くときに

「左足の方を踏ん張ったほうがよい」と書きました。

これはなぜか?

…という話はいったん置いておいて、(後でちゃんと戻します!)

ドラムをやってれば誰もが、心のどこかで「うまいと思われたい」のです。

(逆にそうじゃない人がいたらある意味それはそれですごいですけど…)

じゃぁどうすればうまいと思われる演奏ができるのか?

それは、「うまくなるしかない」のです。

と言えばそれまでなのですが、ここではそんな禅問答をする気はないので、

確かにうまくなるにはいろんなことに気を払わないといけないのですが、

そんなことを言っていたらキリがありません。

そこで私的には「優先順位」があると考えます。

そしてその中でもかなり重要な要素…それが「パルス」です。

【スポンサーリンク】

 

この言葉自体は神保彰氏がどこかで言っていたのを拝借しているわけですが、

(多分、このDVDだったかな?)

もともとの言葉の由来は、電気信号のことだと思います。

昔に理科の授業で「オシロスコープ」という装置で見たあれですね。

で、これがドラムとなんの関係があるのか?というと…

例えば、試しに近くにある時計の秒針に合わせて

「1,2,3,4,1,2,3,4、…」

と口ずさんでみると…

これが口ずさんだ人の「パルス」になります。そして時計の秒針に合わせているので

BPM=60のパルスになります。

という様に、ドラムをやっていない人でもいろんなテンポで

「1,2,3,4,1,2,3,4、…」

と一定の間隔で口ずさめるのではないかと思います。

つまりみんな自分の中に「パルス」を持っているのです。

極端な話、自分の「脈拍」もパルスです。

みんな生まれながらにして「パルス」を持っているわけです。

(ただし、不整脈の場合は別ですが…その際は病院に行くことをお勧めします)

要は、ドラム(広くは打楽器)が他の楽器と違うのが、この「パルス」がかなり重要な要素になっているということではないかと思うのです。

ところが、みんな生まれながらに持っているこのパルスが楽器に移行していくと崩れていくことがあるのです。いや、崩れていくことが多いのです。

というわけで詳しくはまた次回に。

ではでは。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-ドラム

執筆者:

関連記事

借りたドラムを自分に「合わせる」テクニックとは?

はじめに 今回はドラムの話。テーマは「その場の機材に自分を合わせる」テクニックです。 本来は楽器は自分の身体能力にあったものを持ち運ぶ方がいいのはいうまでもありません。 しかし自分の機材を持たないドラ …

「自分のスネアの音って小さいのかなぁ」…とお悩みの方はラディックの「アクロライト」をお勧めしたい

今回はドラムのお話。 今回は「良いスネアとは?」に焦点を当てて考えていきたいと。 特にその問題にぶち当たるのは、気持ちよく個人練習では叩けても、バンドリハーサルで合わせた時に、「あれ、自分ってこんなパ …

持ち運びやすいツインペダルをお探しの方へ…TAMAのアイアンコブラ600シリーズのご紹介

さて今回の記事は久々の機材レビューです。先日TAMAのツインペダルのアイアンコブラを買ったので、使ってみた感想などを書いていきたいと。 私が買ったのはアイアンコブラの600シリーズなのですが、これはど …

グルーヴのないリズム~YMOの動画より学ぶ~

今回もリズムの総論的なお話。 前回の記事でオフビートについて書きましたが、よく言われることとして、極端にいえば演奏を活かすも殺すも休符次第なんて話はよく聞きます。 というのも人間は機械ではないので完全 …

元旦の「芸能人格付けチェック」を見て思ったこと

今年の「芸能人格付けチェック」 今回はドラムの話ではありますが、楽器の概論的なお話も少々。テーマは「耳を鍛える」です。 今年の元旦も毎年恒例の「芸能人格付けチェック」がありました。その中でも高い楽器( …