ドラムを叩くミニマリストのドラムレッスン

ミニマリストなドラム講師によるドラム論と音楽論。ときどきミニマリズムの話。

ドラム

ドラマーあるある④~ドラマーが演奏中に考えていること~

投稿日:2017年1月12日 更新日:

さて前回は、

「曲の演奏中に何を考えるべきか?」

ということろで終わりました。

で、その続きですが答え自体は簡単です

「曲のことだけ考える」ことです。

…これだけ書くと当たり前のことなんですけど、

実はこれを実行するためには、

「他の関係ないことを意識に上げない」練習もしないといけないということだし、

先日の記事にも書きましたが…当たり前のことって結構難しかったりするのです。

ではこの場合、何が当たり前で何が難しいのか?

それは

「曲のことだけ考えるって、何?」

ということですね。

【スポンサーリンク】

 

それなので、私が日ごろ演奏中にどの辺に意識を向けるように努めているかをいくつか挙げてみようかと思います。

①歌詞:歌ものであれば曲の最重要要素といってもいいですね。本当は丸暗記して歌詞をフルコーラス一緒に歌える位がベストなんですけど、なかなかそこまではできていません…しかも洋楽となると無理…(苦笑)

②メロディー:これはバックの演奏が複雑になるときは演奏を見失わないように曲の道しるべとして覚えておく必要がありますね。あとオカズ(フィル・イン)を入れるときもメロディの抑揚は参考にします。

③コード:以前の記事でカンペの作り方について書きましたが、私はカンペを作るときに全部コードを書き出すようにしています。

④色:これは、私はいろんなものに色が見える共感覚というものを持っているので、コートやその曲のキーから感じる色も頼りにしています(これについて詳しくはまた別の機会に…)

パルス:これについても前に書きましたが、その曲の基本の拍となる4分音符や8分音符を頭の中でカウントするということですね。

⑥バンドのメンバーの空気感:これはだいぶ抽象的な話ですけど、その時に一緒に演奏する人の心身の体調や、技術のレベルなどですね

⑦部屋の空気感:更に抽象的ですけど…音楽を演奏するときは「部屋を鳴らす」というイメージも持っておいた方がいいかなと思います。

ただ、都心の狭いリハーサルスタジオなんかで爆音で演奏すると、「部屋を鳴らす」もクソもない音量が飽和している非常に聴力に悪い環境になるので…

一番身近でわかりやすいのはカラオケで歌うときでしょうか。

「カラオケ?ドラムと関係ないじゃん!」

という話なんですけど、まぁカラオケについてもそのうち書こうかなと。

というわけで、一曲演奏するにもこれだけの気を配るポイントがあるので、

(ちなみに、これらのことを同時に考えるのは到底無理なので、その時その時によって、頭に浮かぶことはコロコロと変わります。)

「この後何食べようか?」なんて考えてる余地はないのですけどね…

それでも「魔がさす」ということはあるものです。

そこで、更に集中を高めるヒントとして、上に挙げたポイントの中で⑤のパルスについて注目してみましょう。

次回はそのお話からです。

ではでは。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-ドラム

執筆者:

関連記事

ドラマーが「はじめて」コピーする曲として…ポリスの「見つめていたい」をオススメする理由

はじめに 今回もドラムのお話し。テーマは「初めてのコピーにお勧めな曲」です。ドラムを上達するうえでは練習が必要ですが、継続させるモチベーションの維持もなかなか大切なもので。 バンドなどに属していると、 …

「スタジオラグへおこしやす」ブログ更新情報その2~3点セットで表現の幅を広げるには?~

「スタジオグラグへおこしやす」ブログに寄稿しました。 *詳しい経緯はこの記事をご覧ください… ちなみに今回の記事はこちら。 www.studiorag.com こっちのブログはピンポイントでテーマを絞 …

「プログレ」なる音楽ジャンルについて考えてみた

今回はドラムというよりかは「プログレ」なるジャンルのお話。 私もかれこれ「プログレ」なるジャンルの音楽のドラムを叩き始めて10年以上過ぎたわけですが。 初対面の人に「ドラムやってるんですか、すごいです …

ドラムがうまく聴こえるコツ…それは「パルス」①~自分の体内のメトロノーム~

とういわけで、また新しいテーマです。 前回の記事で、ドラムを叩くときに 「左足の方を踏ん張ったほうがよい」と書きました。 これはなぜか? …という話はいったん置いておいて、(後でちゃんと戻します!) …

「自分のスネアの音って小さいのかなぁ」…とお悩みの方はラディックの「アクロライト」をお勧めしたい

今回はドラムのお話。 今回は「良いスネアとは?」に焦点を当てて考えていきたいと。 特にその問題にぶち当たるのは、気持ちよく個人練習では叩けても、バンドリハーサルで合わせた時に、「あれ、自分ってこんなパ …