ドラムを叩くミニマリストのドラムレッスン

ミニマリストなドラム講師によるドラム論と音楽論。ときどきミニマリズムの話。

ドラム

スネアドラムについて考える①~楽器を聴き分ける耳を鍛えよう~

投稿日:2017年2月14日 更新日:

突然ですが先日スネアドラムを買いました。

というのも、ライブが近づいてきたのですけど以前にも書いた通り、

楽器すら断捨離してしまったので笑(あ、かろうじてツインペダルは残してありました)

さすがにライブハウス備え付けのスネアを使うのはリスキーかと思いまして、

まぁ本音を言えばライブハウスのスネアをその場でチューニングして使えれば荷物も減って一番いいんでしょうけど、意外と心配性なので不測の事態に備えてってことです。

あともう一つの選択肢は対バンのドラマーの方に借りるという選択肢も浮かびましたが…

もし高価なスネアだった場合、何かバシバシ叩くのも申し訳ない気がするし、おそらく私のチューニングって他と比べて低めだと思うので…

(以前にも書きましたが、私が一番気にするのは、打面を叩いた時のヘッドの張りが手首に心地よいかどうかなので…)勝手にチューニングを変えるのも悪い気がして…

という具合でしぶしぶ?近所の楽器屋に向かったのですが…

意外とこれが大正解!でした。

そういえば、都心に住んでいると意外と楽器屋がたくさんあって迷うところですが、

試奏ブースがあるところが絶対いいですね。

なぜかというと以前も書きましたが、結局いくらドラム単体で叩いてもバンドで音を

出した時の音は全然印象が変わるし、

なにより試奏ブースって狭いので、反射音が半端なく跳ね返ってくるから、

すごく音が響くのでなんか自分がうまくなったような錯覚に陥るのですが笑

しかし私が一番大事にしているのは音よりも、

「叩いていて楽しいか?」

「これからも叩きたいと思うか?」

といった部分ですかね…

【スポンサーリンク】

 

「じゃぁ何を基準に決めるの?」

ということなんですけど、これはもう「勘」です笑

といってしまえば身も蓋もないんですけど、

そもそも「勘」っていうのは、

その人がこれまで経験してきたたくさんの事柄(無意識に入っているものまで含めて)の中から引き出して、組み合わせて参照しているという説もありますので…

この「勘」を養うことは常日頃やっておくといいと思います。

「じゃぁどうやって勘を養うの?」

ということなんですけど、

「思い切り安いスネアから高いスネアまで叩いておく」ということなのではないかと思います。

よく「耳を鍛える」ことの大切さは言われますが、確かに叩いた音を耳(聴覚)で感じることも大切なんですけど、ひょっとしたらそれ以上に大切なんじゃないかと私が思うのが、「体感」なのではないかと思うのです。

つまり、スネアを叩いた時、自分の骨や筋肉、腱などに響く振動の感覚ですね。

もちろん出音も大切なんですけど、この「体感」も大事ということです。実際、ライブ本番だとドラムの出音はPAで増幅・加工されるので、実際自分が聴いている音と、お客さんに聞こえる音は同じではないわけですね。

(レコーディングもしかりですかね…)

という感じで話がどんどんそれていきますが…

とりあえず続きは次回に。

ではでは

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-ドラム

執筆者:

関連記事

スネアドラムの全く入っていない曲とは…?

今回はドラム奏法の話というというよりかは表現について。テーマは「スネアドラムが全く入ってい無い」曲について。 歌モノのドラムってつい余計に叩き過ぎてしまうということが往々にしてあると思います。要するに …

無免許ドラマーの悩みとミニマリズム④~備え付けのペダルを上手く使うコツ~

前回の記事で、スナッピー(スネアの裏面の細い針金の束みたいなやつ)について書くのを忘れましたが…これは改めてどこかで書きます。 そして、今回は前回の続きです。 ドラムセットのもうひとつ要の…ペダルです …

「ライブ本番にどうしてもハシってしまう…」とお悩みのドラマーに向けて

今回もドラムのお話。テーマは「ライブ本番にどうしてもハシってしまう…」というお悩みを持っているドラマーに向けて。 ここでいう「ハシる」とは、通常のテンポよりも速いテンポで叩いてしまうことを指します。つ …

「スネアドラムの音が安定しない」…とお悩みの方へ。「スネアドラムの叩く場所」について考えてみました。

はじめに 今回は再びドラムのお話。テーマは「打面を叩く範囲」です。ドラムの打面を叩く範囲ってあんまり初級者~中級車くらいだと意識しないこともあるかと思いますが…意外と大事だったりします。 特に「自分の …

個人練習のお供に②~密閉型イヤホンは使える~

前回は個人練習の時に「曲を流してあわせること」の大切さと、 iPodをスタジオのミキサーのつないでモニタースピーカから流す方法について書きました。 しかし実際この方法を試した方は分かるかもしれませんが …