ドラム

ドラムの3本柱は…「基礎力」「テクニック」「表現力」

投稿日:2018年2月24日 更新日:

さて今回はいつも通りドラムの話。

前回の記事の「読んでもらえる文章」というテーマを書いて改めて「わかりやすいブログ」をちょっと今回は目指そうと思い笑、私がよくこのブログで書いているテーマのバックボーンとなるお話を今回は書こうかなと。

というわけで今回はドラムの概論的なお話。テーマは「ドラムにおいて必要な3本柱」としまして、その3つとは何か?というと…以下の3つです。

①基礎力

②テクニック

③表現力

この辺のテーマでお話したいと思います。よく著名なプロドラマーを比べて「誰が一番うまいのか?」なんて議論はありますが、そもそもそんな議論自体が少々難しいというかナンセンス。

なぜかというと、ドラマーによって②の「テクニック」と③の「表現力」の配分が違うので。まぁその辺がドラムの奥深さなのですが、何がいいたいかというと、プロドラマーの必須条件としては①の「基礎」があると思うのですが、あとの配分はその人の持ち味なわけですね。

というわけで以下、この3つでお話してお起きたいと思います。

①基礎力

私のイメージとしては「基礎力」をベースにしてその上にテクニックと表現力が乗っかるという構造ではなくて、あくまでも、並列的に基礎力・テクニック・表現力の3つがあるものと考えます。

なので基礎力とは、「一定のテンポで同じタイミングで叩き続ける」という一見地味なことのようにも思えますが、ドラムを続けている以上は永遠に追及すべき課題でもあるかなと思います。

【スポンサーリンク】

 

②テクニック

これは例えばBPM220でツーバスが踏めるとか、片手でライドシンバルを4連打できるとか…

もっといえば4ウェイ・インデペンデンス(四肢でポリリズムを生み出すというハイレベルなドラミング)ができるとか、左足クラーベ(左足のフットペダルでラテンのクラーベのリズムを叩くというこちらもハイレベルなもの)ができるとかそういった話です。

要するに、この辺はドラムの競技的な要素といえるのではないかと。特にこの辺の技が生きるのはドラムソロではないでしょうか。

③表現力

これは主に「音色」「グルーブ」に深く関わる要素かなと。つまり、スネアドラムひとつとっても、「どこのメーカーのどんなスネアドラムに、どんな種類のヘッドを張って、どんなチューニングをして、どんなスティックで、どんな風に叩いて…」といった具合です。

つまり「一打一打」の音を「聴き手にとってどうすれば心地よくなるか?」ということだったり、普通の8ビート一つとっても、「どうすれば心地よいリズムになるか?」を試行錯誤したり…といわば当たり前のことを究極的に追及するということでしょうか。

おわりに

というわけで今回はドラムの思いっきり概論な話を書きました。これまで書いてきた過去記事も概ね「基礎力」「テクニック」「表現力」3つのどれかに分類されると思います。(多分、あんまりテクニックの話については書いてないかも…)

そしてこれら3つをまんべんなくマスターすることが大切なのではなく、①の基礎力を練習し続けながら、「テクニック」と「表現力」をどういった配分で練習するのがいいのかを常に考え続けること、が大切なのかなと。

まぁその時の自分の好みでテクニックに走ったり、表現力に走ったり…という感じだと思いますが、お互いが相乗効果をもたらすこともあるわけで。

そう考えるとやっぱりドラムは奥が深いです。

ではでは。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-ドラム

執筆者:

関連記事

「スタジオラグへおこしやす」ブログ更新情報その⑦~スネアドラムのセッティングのコツ~

というわけで今回も月1の投稿をこちらにさせていただきました。 www.studiorag.com   今回はスネアドラムのセッティング「のみ」について書いたのですが。 やっぱり一度では書ききれない部分 …

メタルドラムを叩くコツは…メタルドラム特有のポイントを知ることにあり?

はじめに 今回はドラムの話。テーマは「心地よいメタルのリズムを叩くためのポイント」です。 というのもメタルのドラムは結構独特なので、オーソドックスなドラミングの延長で考えると聴いていて心地よくないリズ …

ドラマーが歌えることのメリット④~曲のジャンルによってブレスを使い分ける方法~

前回までの3回にわたり、歌とドラムの呼吸について書いてきました。 それを踏まえて… 今回はもうちょっと具体的な使い道を考えていきたいと思います。   ちなみに事前に補足しておきますが、腕立て伏せとかウ …

グルーヴのないリズム~YMOの動画より学ぶ~

今回もリズムの総論的なお話。   前回の記事でオフビートについて書きましたが、よく言われることとして、極端にいえば演奏を活かすも殺すも休符次第なんて話はよく聞きます。   というのも人間は機械ではない …

どうして何度練習してもミスするのか?~フロー状態を活用する方法~

  以前にこの記事で… www.drum-lesson.net www.drum-lesson.net www.drum-lesson.net 演奏中にドラマーは何を考えるというか、どのような意識状態 …