ドラムを叩くミニマリストのドラムレッスン

ミニマリストなドラム講師によるドラム論と音楽論。ときどきミニマリズムの話。

音楽評

西城秀樹氏の名バラード「moment」について

投稿日:2018年5月17日 更新日:

ご存じのとおり西城秀樹氏がご逝去されました。私は西城氏の活動自体を追いかけていたわけではないのですが、一曲だけ飛び切り好きな曲がありまして、それを今回はご紹介したいと思います。

その曲は1997年発表のバラード「moment」。

www.youtube.com

プロデュースはあのYOSHIKI氏。当時の私のおぼろげな記憶をたどるとX JAPAN(以下、X)を見ようと紅白をつけていたら、この曲が。

当時は音楽の仕組みもよくわからないながらも「何かいい曲だな」と思って好きになったのがきっかけです。

www.youtube.com

その後改めて聴き直したり、カラオケで歌ったりして…ふと気づくともう20年たってしまったわけですね。なのでこの曲の聴きどころなどを2つほど。

①「X」作品以外のいわゆる「YOSHIKI節」なメロディ満載

確か同時期に北野井子さんも2枚ほどシングルをYOSHIKI氏プロデュースでリリースされていますが、私はとにかくこの時代の作品が好きでして。

というのもカラオケで歌ってみるとわかるのですが、Xの曲はとても歌うのが難しい。なのでX以外のアーティストが歌う作品として、いわゆる「YOSHIKI節」メロディが満載な曲がこの年代あたりに集中してリリースされていた印象です。

そしてその中の一曲がこも「moment」だったわけです。

②当時の「X のエッセンス」も詰まっている。

この曲が出た当時はXのサウンドの流れは、(同時期にViolet UKも並行して進んでいたとのこともあり)そのサウンドの特徴は「打ち込みドラム主体」で「ギター少な目」みたいな感じです。

そしてこのサウンドの持つ透明感と無機質感が共存しつも、メロディもしっかりある、という感じが大好きで、「moment」もにもそのテイストがふんだんに感じられます(その流れが最初に確認できるのが3rdアルバムのDAHLIAからでしょうか)。

同時期であるXの1997年の解散に発表された「The Last Song」のオケに耳を傾けていみると、こちらも「なるほど」というのがよくわかるかと思います。(個人的にはViolet UKの正式なリリースを渇望しているのですが、もう聴けないのでしょうか…泣)

というわけで今夜は「moment」を聴きつつ物思いにふけるひと時です。

今回はイレギュラーな記事となったのでこの辺で。

ご冥福を心よりお祈りいたします。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-音楽評

執筆者:

関連記事

【映画評】坂本龍一氏のドキュメンタリー「CODA」を見て思ったこと、など

はじめに 今回はドラムの話…ではなくて「音楽とは?」という少々抽象的な話。というのもこちらのDVDがレンタル解禁になり、その中に面白い一節があったのでここでシェアしたいと。 Ryuichi Sakam …

カラオケの採点システムを使ってドラムを上達させる方法とは?

今回はドラム演奏の概論的なお話。最近また下手の横好きが高じて一人でカラオケによく行きます。理由はこの曲が無性に歌いたくなったからです笑 www.youtube.com 以前にもこちらで書きましたが。 …

ミニマルな映画音楽とピアノの相性は抜群という話②~「トニー滝谷」の音楽~

というわけで前回から映画音楽とピアノ曲の相性がいい件について書いてます。 今回も完全にネタバレになるので予めご了承ください。 今回はこの作品、「トニー滝谷」。 原作は村上春樹氏の作品らしいですが、私は …

ミニマルな映画音楽とピアノの相性は抜群という話①~「MUKOKU」の音楽~

今回は映画と音楽とミニマリズムのお話。ドラムの話はありません。 しかも捉えようによってはネタバレになりますので、ご観覧いただく際はくれぐれもご注意を。 今回取り上げる作品は以下の2つ。 ①「武曲Muk …

小室哲哉氏の引退報道を聞いて思ったこと

ご存じのとおり小室哲哉氏が引退を発表したニュースが今日報道されました。 私がそもそも20年前に音楽の世界にどっぷりと足を踏み入れたのも小室哲哉氏の音楽がきっかけだったので、今回の一連の事件の真相や詳細 …