ミニマリストなドラム講師によるドラム論と音楽論。

「自分のスネアの音って小さいのかなぁ」…とお悩みの方はラディックの「アクロライト」をお勧めしたい

 
  2019/01/13
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ミニマリストの視点と心理学や物理学を使って「最速最短でドラムが上手くなる」レッスンをしているドラム講師です。
詳しいプロフィールはこちら

今回はドラムのお話。

今回は「良いスネアとは?」に焦点を当てて考えていきたいと。

特にその問題にぶち当たるのは、気持ちよく個人練習では叩けても、バンドリハーサルで合わせた時に、「あれ、自分ってこんなパワーなかったかな?」と肩透かしを食らう体験でしょうか。

でもそれって、意外と音の「抜け」の問題であったりします。私もこれまで色々なスネアを叩いてみました。まず結論ですが、やはりこれが現時点で私の考える一番良いスネアかなと。

じゃあ理由は何なのかということなんですが、「パリッとした音」これに尽きるでしょうか。

さすがに「パリッとした音」だけだと抽象的なのでもう少しかみ砕いてみると…

■他の楽器の帯域を邪魔しない

■スネア単体で主張しすぎない

■アタックの抜けの良さが際立つので他の音に埋もれない

という条件をすべてクリアしているということです。そして面白いことに、このスネア、ドラムだけ叩いてもこれらの良さが全くわからないという点。

しかし不思議なことに爆音系の音数の多いバンドで音を混ぜた時に、その良さが非常によくわかります。(なのでスネアを買う時に、楽器屋の試奏ブースで叩くことがいかに意味がないかということなんですが笑)

まぁあとはドラマーの体格やリズムの取り方などもあると思いますが、私の身体的なスペック(身長169㎝、やせ形)にピッタリあったとも考えられます。

まぁスネアはとりあえず、いろんな人のレビューを参考にしつつとりあえず買ってみて合わなかったら手放して…を繰り返して、並行してバンドで試してみて…を繰り返して探していくしかないと思います。

私は一時期、テリーボジオに傾倒しすぎていたためか、DWのメタル(金属性)のスネアを使っていましたが、シェルが分厚くて、ちょっとチューニングが難しかったためか、どうもしっくりこなくて手放してしまいました。

 

ここでちょっと話が変わりますが、ラディックつながりということで。ラディックのスネアの代表的な機種としてブラックビューティーがあります。

ブラックビューティーというと聖飢魔Ⅱのドラマー・ライデン湯沢氏のトレードマークであり、あの抜けのよいスネアの音は、ロックドラムにどっぷりとつかり始めた当時の私を魅了してやまなかったのです。

この記事を書いている人 - WRITER -
ミニマリストの視点と心理学や物理学を使って「最速最短でドラムが上手くなる」レッスンをしているドラム講師です。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク




スポンサーリンク







Copyright© ドラムを叩くミニマリストのドラムレッスン , 2017 All Rights Reserved.