ドラムを叩くミニマリストのドラムレッスン

ミニマリストなドラム講師によるドラム論と音楽論。ときどきミニマリズムの話。

ドラム ミニマリズム

無免許ドラマーの悩みとミニマリズム④~備え付けのペダルを上手く使うコツ~

投稿日:2016年12月5日 更新日:

前回の記事で、スナッピー(スネアの裏面の細い針金の束みたいなやつ)について書くのを忘れましたが…これは改めてどこかで書きます。

そして、今回は前回の続きです。

ドラムセットのもうひとつ要の…ペダルです。

私も以前は毎回自分のペダルを持ち歩いていましたが、スティックしか現場に持っていかなくなってからは

「備え付けのペダルをどう使うか?」

についてあれこれ考えました。

そして最終的に出した結論が

「壊れていなければなんでもよい」

ということでした(笑)

これだけだとなんか自暴自棄になったみたいですけど、言い換えると

「どんなペダルでも使えるようになったほうがいい(ただし壊れていなければ)」

ということなのです。

【スポンサーリンク】

 

とはいえ私もこれまでいろいろなペダルを試してきました。

ペダルを変えるだけでバスドラムの音が急に厚く重くなることも承知してます。

なかでもやっぱり…DWの9000シリーズはいいですねぇ。

しかし、毎回これを運ぶのに費やすエネルギーを考えると…

レンタルペダルでどうにかできたほうがいいのではないかと思うのです。

では、ある程度「どんなペダルでも使える状態」とは…そう、

「ペダルと足の構造を理解している状態なのです」

この辺の詳しいお話はまたの機会ということで…今回は具体的に

「じゃぁどうすればいいか?」ということです。

ツインペダルを使っている方も多いかと思うのでまずは右足のペダルからですが、

まずは、ビーターの角度は45°位がベストのようです。

角度を取りすぎると足の甲にドカドカ当たって痛いし、角度がなさすぎるとバスドラムの音が十分になりません。

そして次は、スプリングの張りですが、私の経験上

「多少張る」

程度が良いようです。スプリングを全く張らない状態だと足がかなり疲れると思います。

この程度の調整なら普段のリハーサルスタジオでも短時間でできます。

自信がなければ、それだけのために個人練習に入ってあれこれやっても損はないです!

この2つをある程度守れば、レンタルのペダルでもある程度はなんとかなります。

そして、左足のペダル。

これはなかなかレンタルだとうまくいかない!という人もいるかと思います。

まず踏んでいくうちにどんどんずれていったり、セッティングして踏んでみると、

ペダルボードの裏が

「カチッ」

と当たってどうにも気持ち悪かったり。

まぁその辺はペダルボードをガムテープで固定するなり、ティッシュをかませたりして凌ぐしかないのですが…

私がお伝えしたいのは、レンタルのツインペダルでしっくりこないときは

「ビーターの角度を左足の方を多めにつける」

ということでしょうか。

それで何故これが有効かというと、要はドラムを叩くときは左右の足は均等に踏ん張らない、むしろ左足の方を踏ん張ったほうがいいので…

その結果、多少ツインペダルの左足の張りが強くなってもある程度は大丈夫だと思うのです。

ではなぜ左足の方を踏ん張ったほうがよいのか?

これについては次回の「パルス」の記事でもう少し明らかにしたいと思います。

てな感じで長々と書いてきましたが、私が伝えたかったのは

「レンタルできるものはレンタルして、あとは演奏に集中しよう!!」

ということですね。

ついでに、ギタリストやベーシストはなかなかレンタルというわけにもいかないので、準備に時間はある程度かかってしまいます。

(毎回レンタル楽器で凌ぐツワモノは未だに会ったことがありません笑)

それなのでドラマーはとっとと準備や片づけをしたら、他の人のを手伝ってもらえると、きっと喜ばれますよ。

ではでは。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-ドラム, ミニマリズム

執筆者:

関連記事

「スタジオラグへおこしやす」ブログ更新情報その⑦~ツインペダルのセッティング入門~

今回もこちらに投稿させていただきました。 www.studiorag.com ちなみに先月の記事はとても多くの方が読んでくれたらしく…ブログやっててよかったと思える瞬間ですね。 こっちのブログは他人様 …

「スタジオラグへおこしやす」ブログ更新情報~アコースティックギターを弾く人も打楽器から学ぼう~

はじめに 今回もこちらに寄稿させていただきました。 www.studiorag.com この記事の内容をかいつまんで説明すると、 ・ドラムスティックを持つと素手の時よりも表現力が落ちる ・素手での表現 …

ドラムソロが苦手…でもやりたい場合④~ドラムソロでやらない方がいいこと~

さて前回はドラムソロの練習方法について、 ①遅いテンポ(BPM80程度) ②速いテンポ(BPM120程度) の2種類について考えてみました。 大まかにはこの二つでいいかなとも思うのですが、直前に曲を叩 …

「スタジオラグへおこしやす」ブログ更新情報~ドラマーの効果的な自宅練習のコツとは?

今月もこちらに寄稿させていただきました。なにやら観覧数が急激に伸びているのでありがたい限りです。 www.studiorag.com で、今回寄稿したのは「ドラマーの自宅練習」についてです。私としては …

ドラムで大きい音を出したいときは…上半身全体の動きを意識してみよう

はじめに 今回もドラムの話。テーマは「ドラムで大きい音を出すには?」です。この話についてはいろいろな切り口があるので、今回はわりと抽象的なお話と、実用的な練習方法をひとつご紹介したいと思います。 ちな …