ドラムを叩くミニマリストのドラムレッスン

ミニマリストなドラム講師によるドラム論と音楽論。ときどきミニマリズムの話。

ドラム

ドラムがうまく聴こえるコツ…それは「パルス」①~自分の体内のメトロノーム~

投稿日:2016年12月6日 更新日:

とういわけで、また新しいテーマです。

前回の記事で、ドラムを叩くときに

「左足の方を踏ん張ったほうがよい」と書きました。

これはなぜか?

…という話はいったん置いておいて、(後でちゃんと戻します!)

ドラムをやってれば誰もが、心のどこかで「うまいと思われたい」のです。

(逆にそうじゃない人がいたらある意味それはそれですごいですけど…)

じゃぁどうすればうまいと思われる演奏ができるのか?

それは、「うまくなるしかない」のです。

と言えばそれまでなのですが、ここではそんな禅問答をする気はないので、

確かにうまくなるにはいろんなことに気を払わないといけないのですが、

そんなことを言っていたらキリがありません。

そこで私的には「優先順位」があると考えます。

そしてその中でもかなり重要な要素…それが「パルス」です。

【スポンサーリンク】

 

この言葉自体は神保彰氏がどこかで言っていたのを拝借しているわけですが、

(多分、このDVDだったかな?)

もともとの言葉の由来は、電気信号のことだと思います。

昔に理科の授業で「オシロスコープ」という装置で見たあれですね。

で、これがドラムとなんの関係があるのか?というと…

例えば、試しに近くにある時計の秒針に合わせて

「1,2,3,4,1,2,3,4、…」

と口ずさんでみると…

これが口ずさんだ人の「パルス」になります。そして時計の秒針に合わせているので

BPM=60のパルスになります。

という様に、ドラムをやっていない人でもいろんなテンポで

「1,2,3,4,1,2,3,4、…」

と一定の間隔で口ずさめるのではないかと思います。

つまりみんな自分の中に「パルス」を持っているのです。

極端な話、自分の「脈拍」もパルスです。

みんな生まれながらにして「パルス」を持っているわけです。

(ただし、不整脈の場合は別ですが…その際は病院に行くことをお勧めします)

要は、ドラム(広くは打楽器)が他の楽器と違うのが、この「パルス」がかなり重要な要素になっているということではないかと思うのです。

ところが、みんな生まれながらに持っているこのパルスが楽器に移行していくと崩れていくことがあるのです。いや、崩れていくことが多いのです。

というわけで詳しくはまた次回に。

ではでは。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-ドラム

執筆者:

関連記事

ドラムパートの作り方のヒント~ハーモニックリズムを使う~

今回はドラムの概論的なお話。 最近ふと思ったんですがオリジナル曲のドラムのつけ方ってあんまり体系化されてないような気がしまして。一番よく知られているのはバスドラをベースに合わせるとか、でしょうか。 あ …

無免許ドラマーの悩みとミニマリズム③~備え付けのドラムを使うときのコツ~

前回からの続きです…ていうか意外とこのテーマでもこんなに書けるものですね。 まず無免許ドラマーの大敵…それは機材を運搬する我々の行く手をはばむ「電車」と「雨」です。(バスについては車内が狭すぎるので論 …

スネアドラムの全く入っていない曲とは…?

今回はドラム奏法の話というというよりかは表現について。テーマは「スネアドラムが全く入ってい無い」曲について。 歌モノのドラムってつい余計に叩き過ぎてしまうということが往々にしてあると思います。要するに …

いろんなバスドラムを鳴らしておこう②~音のスコトーマについて~

というわけで前回からの続きです。 前回は、価格帯の低いドラムセットのバスドラムは低い成分の音は出しにくいとは書きましたが、ドラムはアコースティック楽器なので… 「低い成分の音がでる」 「低い成分の音が …

ドラマーの悩みの一つ…「靴」の問題②~ペダルは踏むものではない?!~

さて前回はドラム演奏時の「とりあえず」の靴として 「クロックス」 をお勧めしました。 まずはクロックスのいいところとしては… 「軽い!!」 ほぼこれにつきます。 以前のブログで、ドラマーでも持ち込み機 …