ドラムを叩くミニマリストのドラムレッスン

ミニマリストなドラム講師によるドラム論と音楽論。ときどきミニマリズムの話。

ドラム

「スタジオラグへおこしやす」ブログ更新情報その⑤~変拍子にチャレンジ!~

投稿日:2017年6月6日 更新日:

サイドバーのリンクにも貼ってありますが、このブログ開始当初から並行して、京都の音楽スタジオ「スタジオラグ」さんのHPのコラムの方でも連載させていただいております。

あるごん | スタジオラグへおこしやす

今回の記事はこちら。

www.studiorag.com

今回は「変拍子入門」のようなことを書いています(なので変拍子に慣れ親しんでいる人にとっては物足りない内容化もしれません)。

今回変拍子として取りあげているのは一番オーソドックスな、5拍子と7拍子です。これらの変拍子はあまりロック・ポップス系では大々的に使われているケースはあまりないような気がしますが…うまくはまれば4拍子以上の躍動感を作り出すこともできるものではないかと思います。

そんな実際に使われている楽曲の紹介も含めて、これから変拍子のドラムを始めようするときに見過ごしがちなことなども書いています。

あえてこっちのブログで補足するならば、変拍子を叩くということは、以前にこの記事で3回にわたり書いた「パルス」。

これを打ち出すことが私たちが日ごろよく聴いている4拍子や3拍子のときと比べて慣れるまでが難しい…つまり簡単に言えばモッサリとしたリズムに聴こえてしまう可能性があるので、そこをどのように気を付けるか?ということについて書いてます。

蛇足ですが…ちょうどこの変拍子の記事を書き終えたタイミングで偶然にもこの曲をコピーすることを依頼されました笑

www.youtube.com

これはスゴいです…プログレッシヴ・メタルのモダンというか(むしろポスト・モダンなのでしょうか?)…日々進化しているのだなぁとしみじみ感じました。

私自身、現時点でちゃんとコピーできるのか自信はありませんが…もしうまくいったら、いつかここのブログでも曲の分析なんぞできたらなぁと思います。

というわけで興味のある方はスタジオラグのブログの方もご覧いただければと思います。今回は手短ですがこの辺で。

ではでは。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-ドラム

執筆者:

関連記事

ドラマーは「サスティーン」に気を配ったほうが良いようです

今回はドラムのお話。対象はドラム初学から中級位の方に向けて。 テーマは「ゴーストノート」です。先日こちらの記事で「ミュート」についての話を書きましたが。 そちらとも共通のテーマでして。それは「今、自分 …

ドラマー的に面白いジャンル~プログレ・メタル・フュージョンという音楽ジャンル~

以前の記事「FMラジオと本屋」で書いた通り、FMラジオを日夜流している生活が続いていますが(そう、我が家にはTVはありません)、最近おすすめのバンドが見つかったのでシェアしようかと。   以 …

ドラマーなら知っておきたい?身体のこと②~音符を「置く」ドラミングには要注意~

というわけで演奏家とトレーニングの関係について前回の結論をもう一度。 ①身体の動かし方を脳にインプットする ②持続した運動に耐えうる身体を作る この2本立てでやることを提唱してみました。 そして今回は …

メタルのドラムを叩くコツは…「右手」の使い方!?

はじめに 今回もドラムの話。テーマは「2バスの様なメタルのビートを叩いているときの右手」という少々限定したお話で行きましょう。 というのも、意外とこの「右手」の使い方がメタルを叩く際のコツだったりする …

2バス演奏時のラクな重心の取り方は…「空気イス」?

はじめに 今回はドラムのお話。テーマは「2バス演奏時の重心の取り方」です。(2バス=ツインペダルのこと)というのも、2バスって、極端にいえば「両足が宙ぶらりん」の状態なのでとても不安定な状態なのです。 …