ドラムを叩くミニマリストのドラムレッスン

ミニマリストなドラム講師によるドラム論と音楽論。ときどきミニマリズムの話。

ミニマリズム 書評

掛け合わせの力①~ドラム以外から学べる事~

投稿日:2017年6月24日 更新日:

今回のテーマは音楽ネタ~書評ネタっぽいお話。

以前の記事でもドラマーが作曲することについて書きましたが、今回もちょっと視点を変えてドラマーのドラム以外の能力に焦点を当ててみたいと。

というわけで、先日雑誌を立ち読みしていたら、シェーン・ガラス(B’zなどのサポートドラムでも有名)のソロアルバムがリリースされたということ、

しかも全楽器を自分で弾いた&全編インストゥルメンタルということで個人的に興味をそそられまして(というのも、これまでの作品はボーカルもしていたので、インストだとどんな作風なのかな?ということも含めまして)、早速Amazonで視聴。

系統としては、正統派(?)フュージョンと昔のキング・クリムゾンのようなプログレのテイストも感じられつつ、メタル色はあまりありませんでした。そしてなにより、「ベースが心地よい!!」というのが率直な感想。

そういえば…フュージョン系の巨頭ともいうべきドラマーのデイヴ・ウェックルの1992年発表のソロアルバム「Heads Up!!」の2曲目などでもデイブ・ウェックル自身の素晴らしいベースプレイが聴けます(情報まちがってたらすみません。でも他のソロアルバムでもベースを弾いているのは確かです)。

ついでにあの神保彰氏もどこかの映像(出典忘れました)で、スラップ弾いてます。やっぱりドラマーとベース演奏は相性がいいのでしょうか。

というわけでここから本題。

要するに私は単にマルチプレイヤーになることを推奨しているわけではないのですが、今回言いたいのは「掛け合わせによる価値の相乗効果」です。
例えば楽器でいえば(先ほどあげたシェーン・ガラス達のような方々はは凄すぎて参考になりませんが)、

【スポンサーリンク】

 

ドラマーでもちょっとでもギターやピアノが弾けると音楽に対する理解の仕方が変わりますし。バンドのリハーサル中に急遽アレンジを変えたいときって…だいたいギターやキーボードなど和音を出せるパートの人が話し合いの主導権をとることが多いように思いますが、それでも煮詰まることはあると思います。

また楽器が複数できるという「掛け合わせの力」以外にも、音楽をビジネスとして考えた場合にも「掛け合わせの力」はあるのではないかと。

というのもメジャーとインディーズの境目があいまいになってきた昨今、音楽と他のスキルを掛け合わせるようなセルフプロデュースのスタイルがより市民権を得ていくのではないかと思います。

最近ではこんなバンドとか。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-ミニマリズム, 書評

執筆者:

関連記事

200記事書いて思ったこと~「読んでもらえる」文章を書くコツとは?~

さてこのブログも今回でようやく200記事。ブログを書く習慣のまったくなかった私がここまで続けられたのも、見ていただいた方たちのお陰であります。 なので今回のテーマは珍しく「ブログ」です。今回はこちらの …

無印良品の間接照明のライトで部屋の雰囲気が良くなった

今回はミニマリストな話。この無印良品のライトが結構良かったので紹介したいと。 www.muji.net まずは過去記事で…生活環境の出す「ノイズ」について書いてきました。その結果、「蛍光灯を使わない生 …

【書評】レバレッジ・シンキング【本田直之・著】

今回はミニマリズムなお話。モバイル・ボヘミアンでも有名な本田直之氏のこちらの著作からいくつかピックアップしたいと。ただ序文がやたら長くなってしまったのでその点ご了承ください…。 本田氏は本書の中でもビ …

ドラミングとウィルパワーの関係とは?~セッティングは疲れのもと?~

今回もドラムの話を。ただ割かし抽象的な話ではありますが。 まず今回の題材の本からご紹介。 メンタリストDaiGo氏の2016年の著作「自分を操る超集中力」です。 この中の前半部のキーワードに「ウィルパ …

「ハマる」演奏の正体は…能の言葉である「離見の見(りけんのけん)」にあった?

今回は久々ドラムの話…ではあるのですが少々マニアックな話ですいません。テーマは「ドラマーが持つべき離見の見(りけんのけん)」のについて。 これだけだと何のことやら?なんですけど、要はこれはライブやリハ …