ドラムを叩くミニマリストのドラムレッスン

ミニマリストなドラム講師によるドラム論と音楽論。ときどきミニマリズムの話。

ドラム 音楽評

ドラミングの「ダイナミクス(抑揚)」は常につけるべき?

投稿日:2017年11月6日 更新日:

今回はドラムの話。テーマは「ダイナミクス」です。つまり演奏の「抑揚」です。

ダイナミクスとは、中学の音楽の教科書に書いてある、f(フォルテ)やp(ピアノ)といった音の強弱というイメージが先行しますが、厳密には「音量の強弱」と「音質の硬さ」という2つの要素、からなる表現方法だと私は思います。

そしてドラムの初級者から中級者へステップアップすろときの「壁」の一つがこのダイナミクスだと考えます。

で、まず結論ですが。

「ダイナミクスをつけるときと、つけないときの使い分けをしよう」ということです。それでは本題にいきましょう。

ダイナミクスは確かに表現力の要ではありますが、いつもつければいいか、というとそうではないと思います。ではつけない方がいいときと、つけた方がいいときで場合をわけて考えて見ましょう。

ダイナミクスをつけない方がいいとき

まず、バンドやセッションメンバーの中に楽器の初級者が複数いるとき。これはこちらが歩みよるしかないので、変に表現力豊かにドラムを叩くとちぐはぐな演奏になったりします。また一緒に演奏する人が初級者でなくても、リズムがあやしい人がいる場合も同様だと考えます。

他には、バンドが爆音系のときのリズムを刻むときとか、同期モノ(打ち込み)のトラックのリズムが細かいとき…などもドラムだけダイナミクスをつけると浮いてしまうこともあると思います(必ずしもそうとはいえませんが)。

ダイナミクスをつけた方がいいとき

これは相当ざっくりいえば上記以外の場合といえるのではないでしょうか。ちょっとまぎらわしいのが、今回の記事でいうダイナミクスは「ワザと演奏を棒読みにする」という文脈で述べています。

なので通常、リズムを叩いているときに「スネアの音を安定して同じ音にする」、などといったことはダイナミクスのある演奏の一要素ということです(紛らわしくてすいません)。

そういうわけで、目指すべきところは「ダイナミクスのある演奏」ができる状態で、あえてダイナミクスをつけないことを選択する、みたいな感じが理想かなと。

【スポンサーリンク】

 

ダイナミクスを学ぼう

というわけで今回は字数の都合上、ダイナミクスをつける具体的な方法は書きませんが、その代わりに、ダイナミクスをたっぷりと堪能できる参考音源を2つほど。

①「メッセージ」/中島卓偉

シンガーソングライター・中島卓偉氏の2006年発表のシングルです(ちなみに私はTAKUI名義時代からの大ファンであります)。曲調はポップでありますが、CD音源のドラムは山木秀夫氏。

なので、要所要所に凄まじいダイナミクスのフィルがちりばめられています。すごすぎて全く参考にはなりませんが、ドラムのダイナミクスの奥深さを味わえる名曲です。YoutubeではCD音源の動画はないので気になった方はぜひCDを。

②「チェンバー・ワークス」/テリー・ボジオ

もう一つは、世界最大規模のドラムセットを使うテリー・ボジオ氏の2005年発表のこちらの作品。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-ドラム, 音楽評

執筆者:

関連記事

FMラジオと本屋は、音楽のセレンディピティが起こる?

今回は「ドラム」という話というよりか音楽全般のお話になるのかな?と思います。 以前にミニマリズムについてちらっと書きましたが、ちょうど一年ほど前からミニマリストなる存在をこのような本から知り… 昨年末 …

「スタジオラグへおこしやす」ブログ更新情報

サイドバーのリンクにも貼ってありますが、このブログ開始当初から並行して、京都の音楽スタジオ「スタジオラグ」さんのHPのコラムの方でも連載させていただいております。 あるごん | スタジオラグへおこしや …

ドラムにおける「スポーツ」要素と「楽器」要素について

前回は「エッセンシャル思考」を参考にドラマーの個人練習のメニューの考え方について書きました。 今回も書き足りなかったことがあったのでその続きです。 さて前回の記事ではドラムの個人練習の際に、 ・ルーデ …

ドラマーなら知っておきたい?身体のこと②~音符を「置く」ドラミングには要注意~

というわけで演奏家とトレーニングの関係について前回の結論をもう一度。 ①身体の動かし方を脳にインプットする ②持続した運動に耐えうる身体を作る この2本立てでやることを提唱してみました。 そして今回は …

カカトとつま先を利用するドラミング~「ヒール&トゥ奏法」とは?~

ご存じのとおり、MR.BIGのドラマーのパット・トーピーが逝去されました。 当時私がとにかく衝撃を受けたのはやはり「コロラド・ブルドック」であり、あのイントロの3連高速ユニゾンフレーズをこぞって練習し …