ドラムを叩くミニマリストのドラムレッスン

ミニマリストなドラム講師によるドラム論と音楽論。ときどきミニマリズムの話。

ドラム

ドラマーの顔ともいうべき「シングルストローク」の上達方法のコツは「口で歌う」こと?

投稿日:2018年3月29日 更新日:

はじめに

さて今回は再びドラムの話。今回は「シングルストローク」というテーマのみに焦点をあてて書いていきたいと。「シングルストローク」というのは、右・左・右・左…と交互に叩くことです。

www.youtube.com

しかし極端にいえば、ドラム演奏ってほとんどシングルストロークなわけで…意外とこれが奥が深いのです。なのでシングルストロークはそのドラマーの「顔」ともいうべきものなのではないでしょうか。

というわけで今回は「ドラムを始めたばかりでシングルストロークがうまく叩けない」とか「ちょっと基礎を見直したいな」という方に向けて何かのお役に立てばと。では本題に。

ドラムを始めたばかりの方が意識した方がいいこと

まずはドラムを始めたばかりの方に向けて。この場合は先ず何より「アクセントをつけずに均等な感覚と音量で叩けるようにする」ことが一つの目標となるかと。

ついでにこれはある程度ドラムを叩けるようになった人にも重要なことで、自分の

シングルストロークの精度(つまりキレイさ)を上げるとグッとドラムが上手くなったように聞こえたりします。

要はある程度手足が動くようになって来たら、他のプレイヤーと差をつけるのは意外と基礎的な事だったりするのですね。まぁ難しい事にも挑戦はした方がいいんですけど、意外と難しいをことやっても差はつかないような気がします…。

【スポンサーリンク】

 

自分の演奏をこまめに客観的にとらえよう

しかしこの「左右両手で、均等な感覚と音量で叩く」という動作は、日常生活にはまずない動きです。なのでお勧めとしては客観的に聴いて修正していくことが大切です。

なので例えばメトロノームに合わせて叩いた自分のシングルストロークを「録音を録って聴いてみる」とか「誰かドラムを叩ける人に聴いてもらう」とか客観的に聴く機会を作ってみるといいかと。もちろんドラムレッスンを受けるのもありです。

シングルストロークを「口で歌える」ようになろう

とはいえ、「なかなか難しい…」という方に向けてもう一つ解決方法を。これは結論を先にいうと「シングルストロークを口で歌うこと」です。まずは試しにスティックを持たずに以下のフレーズを「棒読みで」口ずさんでみてください。

パターン①「タカタカタカタカタカタカタカタカ」

これで16回叩くシングルストロークです。「こんなの簡単でしょ」と思うかもしれませんが、これでいざスティックを持ってドラムで叩いてみると…

パターン②「タカタッカタカッタカタッカタカタカタッカ」

…とぎこちなくなることがあります。これはどういうことか?と考えると、要はパターン①の歌い方が身体の感覚として沁みついていないという事なのですね。

おわりに

というわけで今回はシングルストロークの入門的なお話でした。もう一度まとめると「スティックをもたずに口で歌えるようになる」状態がある程度固まったら「実際の演奏を客観的に振り返り、修正して精度を上げていく」という流れがいいかと。

そして更にもう少し押さえておきたいポイントがあるので微妙に次回に続きます笑。

ではでは。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-ドラム

執筆者:

関連記事

ドラムが上達している過程で起きているメカニズム…「注意資源」と「チャンキング」とは?

はじめに 今回もドラムのお話。テーマはちょっとマニアックな…「ドラムが上手くなる過程で何か起きているか?」です。つまり、ドラムは適切な練習を繰り返えせばうまくなっていくわけですが、その過程でドラマーの …

ざっくりいうと「一発入魂」のような話~「一つ打ち」の大切さ~

前回の記事の最後に、私は多点セットと3点セットどっちも好きですみたいなことを書きましたが、今日は何となくその続きを。 確かにある時期のマイク・ポートノイ氏の様に多点セットと3点セットを曲中に行き来した …

ドラムソロが苦手…でもやりたい場合④~ドラムソロでやらない方がいいこと~

さて前回はドラムソロの練習方法について、 ①遅いテンポ(BPM80程度) ②速いテンポ(BPM120程度) の2種類について考えてみました。 大まかにはこの二つでいいかなとも思うのですが、直前に曲を叩 …

個人練習のお供に①~個人練習は曲に合わせて叩こう~

今回は個人練習の話です。 これまでも何度か触れていますが、ミニマリスト生活を営んでいる私は 自宅では一切練習をしません笑 なので、近所のスタジオで練習をしています。 ちなみに昨年末転居したときには、ス …

ハイハットの高さはいつも「一定」でなければダメ…というわけではないというお話

今回はドラムのお話。テーマは「ハイハットの高さについて」。 今回はざっくり何がいいたいかというと「ハイハットのセッティングは曲のジャンルによって使い分けてもよい」ということです。 なので「右手がうまく …