ドラムを叩くミニマリストのドラムレッスン

ミニマリストなドラム講師によるドラム論と音楽論。ときどきミニマリズムの話。

ドラム

ドラムセットが変わっても安定したコンディションを保つ秘訣は…「ハイタム」にあった?

投稿日:2018年6月24日 更新日:

はじめに

さて今回はドラムの話に戻ります。テーマは…「ハイタム」。つまりハイタムとは、ちょうどドラマーの真正面にある(大体は)12インチの太鼓のことですね。

で、どうして今回のテーマがハイタムなのか?というと、自分のドラムセットを持たないドラマーにとって…備え付けのドラムセットによるコンディションのばらつきの原因が結構ハイタムだったりするのですね。

まぁ詳細は追って説明しますが、今回は「ドラムセットが変わると普段通りの力が出せない…」とお悩みの方に向けて。では本題に行きましょう。

我々は「リバウンド」でドラミングを記憶している?

まずひとつポイントとして、ドラマーは「意外とドラムセットで音(音程、音質)が変わっても大丈夫」なのではないかと思うのです。つまりドラムセットが変われば当然音も変わるわけですがそこは意外とすぐに順応できてしまうものなのではないかと思います。

しかし、打面のリバウンドが普段と違うと途端に勝手が狂うわけです。具体的には以下の二点。

①シンバルが分厚くて、リバウンドが大きい

②ハイタムの表面の張りが強くてリバウンドが大きい

この二つが結構調子が狂う原因となります。ただし、シンバルは持っていかないと取り換えるわけにはいきません笑。一方でタムタムの表面のヘッドの張りはチューニングできるので、自分で変えられる部分ではないかなと思います。

【スポンサーリンク】

 

ハイタムはどんなチューニングにするか?

で、どんなチューニングにするか?ということですが。私が思うに「ハイタムの表ヘッドはかなりゆるめ」でいいのかなと思います。もちろんゆるめにすると音がデロデロするので、あんまり良くないといえば良くないのですが。

価格帯が低いドラムセットだと完璧な音を出すことにあまり期待しないで、自分の普段の調子を出せる条件を優先して考えたほうがいいかなと思います。

「でもゆるめに貼ったら、高い音が出なくなるし…」というご意見もあるとは思いますが、ある程度の価格帯以下のドラムセットだとその辺(意図するチューニング)は犠牲にしてもいいのかなと思います。

なので、ドラムの太鼓が担う「高い音」はスネアドラムで担うのが妥当な方法かなと思います。

フロアタムはどうするのか?

最後に、ハイタムと関係の深いフロアタムのチューニングをどう考えるか?ということですが。どちらかというと、ハイタムよりフロアタムのほうが気楽に考えてもいいのかなと思います。

なので、まずはハイタムの表ヘッドの張り具合を自分の心地よいチューニングにしたら、それを基準として、フロアタムの表ヘッドもチューニングするといいかなと思います。

理想は、ハイタム⇒フロアタムとタムをたたいた時にきれいに”音質”がつながる感じがベストですね。

おわりに

というわけで、もう一度要点をまとめると…

・ハイタムの表ヘッドがきつめに貼ってあると、リバウンドの感覚が普段の感覚と違い、ドラミングの勘が鈍る。

・音程とリバウンドの感覚のどちらを優先するか?だったら、リバウンドの感覚を優先した方がよい。

ということですね。まぁ自分のドラムセットを持ち歩けばこれらの問題はすべて解決するんですけど笑、一応ミニマリストのブログなので笑。

ではでは。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-ドラム

執筆者:

関連記事

初めてのスネアドラムの選び方&お手軽なチューニング方法

今回はドラムのお話。割と初心者の方に向けて。 テーマは「初めてのスネアドラムの選び方&チューニング」です。 また前置きが長くなりそうなので先に結論を。 一番の要点は「表のヘッドのボルトを3周しめてそこ …

「スタジオラグへおこしやす」ブログ更新情報その⑨~ハイハットとライドシンバルの使い分けとは?~

今回もこちらに寄稿させていただきました。 www.studiorag.com 今回は「曲中のハイハットとライドシンバルの使い分け」について書いてみました。一応の私なりの指針みたいなものは書きましたので …

バスドラムを踏むときには…足の裏の「張り」を意識してみよう

今回は久々ドラムらしいお話を。テーマは「足の裏の使い方」です。 私は常日頃ドラマーのトレーニングとして、「ゆっくりランニング」をお勧めしていますが、最近のこの寒さではなかなか外に出るのもしんどい、そん …

カカトとつま先を利用するドラミング~「ヒール&トゥ奏法」とは?~

ご存じのとおり、MR.BIGのドラマーのパット・トーピーが逝去されました。 当時私がとにかく衝撃を受けたのはやはり「コロラド・ブルドック」であり、あのイントロの3連高速ユニゾンフレーズをこぞって練習し …

ツーバスを速く踏むコツは…「足の裏でペダルをドリブル」

今回もドラムのお話。テーマは前回に引き続き「バスドラの鳴らし方」のコツについて。今回はさらに的を絞って「ツーバスを早く踏むには?」というテーマで行ってみましょう。 というのも「ツーバスを早く踏むには走 …