ドラムを叩くミニマリストのドラムレッスン

ミニマリストなドラム講師によるドラム論と音楽論。ときどきミニマリズムの話。

ドラム

ドラマーならみんな気になる…「グルーヴ」は目で見えるのか?

投稿日:

はじめに

今回はドラムの話。テーマは「グルーヴを目で見てみる」というもの。

よくグルーヴが大事と言われますが、このグルーヴというものは極めて抽象的なお話で、「グルーヴ=フィーリング」というイメージを持たれがちです。

確かにそうではあるのですが、そうは言ってもグルーヴを理解する上で分かりやすい説明があった方がいいかなと思いまして…今回は、「目で見えるグルーヴ」ということを念頭にグルーヴの概念を少しでもご説明できればと。

 

…何か壮大なことを言っているようですが、今回の記事の内容はある程度の水準のドラマーはほぼ全員できているお話かなと。

なので今回はある程度ドラムが叩けるようになってきて、「グルーヴって何?」と気になりだした方にも読んでいただければと思うのですが、ドラムをはじめたばかりの方も早い段階で理解しておくと今後の伸び代が格段に変わるので、ぜひご参考に。では本題に。

 

①直線的なグルーヴ

とは言っても、グルーヴというものはいろんな要素の複合体であり、究極的には「フィーリング」です(冒頭の話と矛盾してるようですが)。なのでドラマーが死ぬまで追求するものではあります。なので今回のテーマの「目で見えるグルーヴ」はグルーヴという概念の氷山の一角の一角の一角…くらいの話です。

 

というわけで話を始めます。まずはメトロノームをbpm120くらいで鳴らしてみてください。ここでメトロノームに合わせてスティックをカチカチと鳴らしてみてください。

 

まず一番基本的なグルーヴは「上下に鳴らす直線的なグルーヴ」です。まずはこれがベースとなります。これはこれで表現的には”あり”なグルーヴで、わかりやすく言えば、打ち込みドラムっぽいグルーヴだと言えます。

②曲線的なグルーヴ

これがある程度理解できるようになったら…徐々にこのグルーヴを直線から曲線へと変えていきます。下の動画だとちょっと大げさにやっていますが、結構粘り気のあるグルーヴを表現した(つもり)です。

 

ただ「①と②のどこが違うの?」と思った方もいると思うので、一番わかりやすいポイントは「スティックの接着時間」です。

【スポンサーリンク】

①の直線のグルーヴと比べてみても、②の曲線のグルーヴは、スティック同士が鳴るまでは、ギリギリまでスティック同士がくっついていることがわかります。そしてこの曲線のグルーヴを実現する為には、腕を鞭のようにしならせる必要が出てきます

 

実際のリズムではどうなのか?

というわけで、ここまではグルーヴのイメージ的なものをお伝えしましたが…「実際のリズムではどうなのか?」と思った方がいるかもしれません。

一番理解しやすいのが、ジャンル別で考えてみるということだと思いますが、それを一つづつ書き出すと文字数的にボリュームが膨らむので、今回お伝えするのはジャンルではなく「ハイハット」「ライドシンバル」を例にお話しします(というのもグルーヴを確認するのに適しているので)。

 

多分一番わかりやすいのが、ジャズドラムのシンバルレガートでしょう。これは試しに無料とか安い打ち込みソフトでジャズを打ち込んでみるとわかりますが、なんというか硬いしチグハグなわけで。

つまり打ち込みのグルーヴは完全にジャストなので、上記で書いてきた「曲線のグルーヴ感」は微塵もないわけで笑。なのでジャズではあまり「直線のグルーヴ」を使うことはないでしょう。

 

続いてロックやポップス系ではどうか?この場合特に”デジタルデジタル”した同期を流して、それと一緒に叩くときは直線のグルーヴの方がハマると思いますし、感情的に歌い上げるボーカルの後ろで叩くときは曲線のグルーヴがハマるでしょう。

おわりに

というわけであんまり具体的な方法までは言及できませんでしたが、大事なことは「直線のグルーヴと曲線のグルーヴ両方」ができるようにしておいた方がいいかなと。

そしてその中間の「ちょっと曲線」くらいのさじ加減のバリエーションもたくさん持っておくといいと思います。

ではでは

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-ドラム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ライブ本番で普段通りの力を出すコツは…本番当日のリハーサルの過ごし方にあった?

昨日またライブがありまして、やっぱりライブは楽しいものです。というわけで今回もドラムのお話。割と初級~中級者あたりの方に向けて。 テーマは「ライブ本番時のリハーサルの過ごし方のコツ」です。 はじめに …

いろんなバスドラムを鳴らしておこう②~音のスコトーマについて~

というわけで前回からの続きです。 前回は、価格帯の低いドラムセットのバスドラムは低い成分の音は出しにくいとは書きましたが、ドラムはアコースティック楽器なので… 「低い成分の音がでる」 「低い成分の音が …

ドラムスティックを選ぶ時のあれこれ④~AHEADのスティックのメリットとデメリット~

【というわけで前回からの続きです】 まずうすうす気づいていたのが… 「金物(シンバル)をたたいた時の音が鈍い」ことでした。 ほんとは動画でお見せしたいのですが…スティックが手元にないのです(汗) では …

ドラムのセッティングはこだわりすぎると辛くなります、というお話

今回は最近感じたことを一つ。 みなさん、ドラムセットのセッティングに対してどのような考えをお持ちでしょうか? …とりあえずまた前置きが長くなりそうなのでこの記事の結論からいいますと 「セッティングはあ …

ドラムの個人練習にベストなのは何時間なのか?

今回はドラムの話。テーマは「個人練習にベストな時間は何時間?」です。一応結論を先に言うと… 「時間の長さは目的や状況に応じて使い分けるのがベスト」 「一応マックスは4時間」 というのが私の現在の見解で …