ドラムを叩くミニマリストのドラムレッスン

ミニマリストなドラム講師によるドラム論と音楽論。ときどきミニマリズムの話。

「 音楽評 」 一覧

ドラムで曲の「世界観」を表現するということについて考えてみました

2018/07/20   -ドラム, 音楽評

はじめに 今回はドラムの表現力のお話。これまでもドラムの表現力については書いてきましたが、これまでは「音の硬さ」の話や「身体の使い方」の話など、行きつくところはどのように曲を演奏するか?という話が多か …

ドラマーが「はじめて」コピーする曲として…ポリスの「見つめていたい」をオススメする理由

2018/06/25   -ドラム, 音楽評

はじめに 今回もドラムのお話し。テーマは「初めてのコピーにお勧めな曲」です。ドラムを上達するうえでは練習が必要ですが、継続させるモチベーションの維持もなかなか大切なもので。 バンドなどに属していると、 …

【映画評】坂本龍一氏のドキュメンタリー「CODA」を見て思ったこと、など

2018/06/10   -映画評, 音楽評

はじめに 今回はドラムの話…ではなくて「音楽とは?」という少々抽象的な話。というのもこちらのDVDがレンタル解禁になり、その中に面白い一節があったのでここでシェアしたいと。 Ryuichi Sakam …

「スタジオラグへおこしやす」ブログ更新情報~ドラマー的・音楽の聴きあさり方のススメ~

2018/05/26   -ドラム, 音楽評

はじめに 今回もこちらに寄稿いたしました。 www.studiorag.com テーマは「ドラムを習うことのメリット・デメリット」だったんですけど、その中の一節に「ドラムが入っている音楽のたどり方」み …

西城秀樹氏の名バラード「moment」について

2018/05/17   -音楽評

ご存じのとおり西城秀樹氏がご逝去されました。私は西城氏の活動自体を追いかけていたわけではないのですが、一曲だけ飛び切り好きな曲がありまして、それを今回はご紹介したいと思います。 その曲は1997年発表 …

「叩きまくり」のロックドラマーから他のジャンルへと幅を広げるためのキーワードは…「休符」

はじめに 今回はドラムの話にもどります。テーマは「休符」という少々マニアックなものです。ドラムに興味がある方ならどこかで一度は「休符を歌う」というようなドラマーの発言を耳にしたことはあるのではないかと …

「ミニマリズム」を全身で感じるベーシスト「ジョン・マイアング」についてのあれこれ

はじめに さて今回はドラムの話からちょっと離れて音楽とミニマリズムの関係、そしてミニマリズムを感じる私のフェイバリットなミュージシャンをピックアップ。今回は知る人ぞ知る超絶技巧バンド「ドリームシアター …

スネアドラムの全く入っていない曲とは…?

今回はドラム奏法の話というというよりかは表現について。テーマは「スネアドラムが全く入ってい無い」曲について。 歌モノのドラムってつい余計に叩き過ぎてしまうということが往々にしてあると思います。要するに …

小室哲哉氏の引退報道を聞いて思ったこと

2018/01/19   -音楽評

ご存じのとおり小室哲哉氏が引退を発表したニュースが今日報道されました。 私がそもそも20年前に音楽の世界にどっぷりと足を踏み入れたのも小室哲哉氏の音楽がきっかけだったので、今回の一連の事件の真相や詳細 …

乃木坂46「インフルエンサ―」に見られる「おいしい」コード進行とは?

2018/01/16   -音楽理論, 音楽評

はじめに 最近ドラムの話ばっかり書いていたので今回は作曲理論のお話でも。テーマは「乃木坂46のインフルエンサ―に出てくるおいしいコード進行」です。 「3コードで曲は作れるようになったけど…その先が分か …